エアコンメンテナンス

エアコンメンテナンス

エアコンをお掃除する際、ほとんどの方がフィルターをキレイにしていると思いますが、どのようにお掃除していますか? フィルターを取り外し、掃除機でホコリや汚れを吸い取っている方が多いのではないでしょうか。
この掃除方法は決して間違っているわけではありませんが、エアコンの仕組みとフィルターの特性を理解した上でお掃除すると、より効率的に汚れを落とすことができます。



フィルター掃除で用意するもの
* キレイなタオル2枚
* 台所用の中性洗剤
* 古歯ブラシ
エアコンクリーナー(スプレー)等は使わず、多くのご家庭に既にあるものでも、簡単にフィルター掃除ができます。
フィルター掃除の手順
①フィルターを外す前にまず掃除機をかける
エアコンの本体カバーを外していきなりフィルターを外すと、その衝撃でホコリが落ち、床までお掃除しなくてはなりません。ホコリが舞い散るのを防ぐため、まずはフィルターがエアコンに付いている状態で、フィルターやその周辺に付いたホコリを掃除機で吸い取ります。

②フィルターをゆっくり丁寧に外す
フィルターを外すときは、まずエアコンのパネルを開ける必要があります。ほとんどのエアコンは、正面から見て両サイドにパネルを上げるための凹みがあるので、両手でその凹みを掴んでゆっくりすくい上げるように開けてみましょう。
ポイントは左右の力を均等にすること。ある程度上まで上げると「カチッ」と引っかかり、手を放しても落ちてこなくなります。これでフィルターを外すことができます。エアコンのフィルターは薄いプラスチックでできているため、強い力を加えると歪んだり破れてしまうことがあるので注意しましょう。

③フィルターの表側からそっと掃除機をかける
取り出したフィルターには、ホコリがたくさん付着しています。ホコリの多くはフィルターの表側に付いていますので、表側から掃除機をかけましょう。裏側から掃除機で吸ってしまうと、ホコリがフィルターの目に詰まってしまいます。

④フィルターを裏面から水洗いする
掃除機で吸うだけでは、細かいホコリを完全には取れません。お掃除をする2回に1回は、掃除機で吸った後に浴室でシャワーをかけて水洗いしましょう。このとき、表面から水圧をかけると逆にホコリが詰まってしまいますので、掃除機とは逆に裏面からシャワーを当てましょう。水洗いで落ちない汚れが付いている場合は、台所の中性洗剤を水で薄め、柔らかいブラシを使って洗うと、フィルターを傷めずにお掃除できます。


乾いたタオルでフィルターを挟んで水分を残さないように
フィルターを傷めないように乾いたキレイなタオルを2枚用意して、「ポンポン」と挟むように拭いていきます。濡れたまま戻すとカビの原因になってしまいますので、しっかりと拭きましょう。
ページトップへ戻る